スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「偽書ゲッターロボダークネス」

マイミクのZANKIさん情報で、ヤングアニマル嵐に
「偽書ゲッターロボダークネス」というマンガが
新連載されたことを知りました。

「偽書」?
「偽書」ということはマガジンZで連載された
「偽書ゲッターロボDASH」と何か関係するのかな?

「DASH」は新連載を開始したのはいいんですが、
マガジンZの休刊が決定してしまい、
わずか3回で打ち切りになってしまったマンガです。

早速本屋に行って、ヤングアニマル嵐を購入。

やはり「ゲッターロボDASH」の続編でした。

続編というよりも、
新装開店、連載のやり直しといったところでしょうか?

うん、楽しみが増えました。
スポンサーサイト

石川マンガとともに その2

前回からの続きです。

「ゲッターロボ」は連載誌を途中で変わります。
サンデーから冒険王になります。
当時私はそのことを知らなくて、
偶然読んだ冒険王に「ゲッターロボG」を
見つけたときは、本当にうれしかったです。
しかし、「ウザーラ」編の終わり3回前でしたので、
ギリギリセーフの遭遇でした。
最終回の一つ前を見逃しているので、
隼人が額を切られた後が、すごく気になってましたよ。

結局冒険王でのゲッターGは2回しか読めませんでした。
他はコミックになってから読みました。

1975年には、石川先生の代表作の一つ
「魔獣戦線」(1975年=昭和50年 親方9歳)
が始まります(少年アクション)。

これもまたゲッターとは違う床屋さんで遭遇。
話としては、バルビア博士の研究所に侵入してからの
展開から読みました。

「うわ!また石川賢だ!!」

床屋には、この作品を読むために行きまして、
最終回まで無事読破!
序盤はコミックスを買って読みました。
やはりお金が無かったので、弟と共同購入。
1巻を弟が、2,3巻を私が買い、
最終巻の4巻は何年か後になって買いました
(全てパワーコミックス)

中1のときに「魔獣戦線」を学校に持って行ったところ、
そのバイオレンス描写が大評判!
怖い話が好きな女子に人気がありました。
でも私の人気が上がった訳ではないのが、
痛し痒し・・・

「魔獣戦線」で私の石川好きは頂点に達します。
今でもゲッター以上の大傑作と信じています。
残念なのは、連載誌の少年アクションが休刊に
追い込まれ、途中で終了している点です。
ものすごく惜しいのですが、
途中で終了しているからこそ、
今でもその余韻に浸ることができて、
逆に良かったのかも?と思ってます。

私は「デビルマン」よりもこちらが好きです。

後に続編の「真説・魔獣戦線」が開始されますが、
それについては後述しますよ。

同じ年には「心霊探偵オカルト団」の連載が
始まってます(週刊少年キング)。

永井豪先生との合作でしたが、これもおもしろかったです。
私は連載時は「悪夢の追跡者」までしか読んでいません。
後に秋田書店コミックス
(忘れてましたが、
これはサンデーコミックスと言われてました)
で、まとめて読んだところ、最終編として
「芦屋家の崩壊」という話しがありました。
ダイナミックイズムあふれる話でした。

このコミックス、私が社会人になってから
古本屋で4冊5000円(全4巻全て初版)で売ってまして、
かなり悩みましたが、買っちゃいました。
これも今では宝物の一つです。

石川マンガとともに その1

2006年11月15日、心不全のため
マンガ家の石川賢さんが亡くなりました。

私がヲタクになったのは、
石川賢先生のマンガを読んだことがキッカケです。

少しずつですが、石川先生死去のショックから
立ち直りつつあります。

そこで当ブログではこの先しばらくは、
特撮番組のレビューは休止して、
石川マンガと私の思い出を書いていきたいと
思います。

石川マンガが私の原点なので、
いつかここで書いていきたいと思ってました。
このタイミングで書くのは不本意ですが、
石川賢先生のご冥福を祈りつつ、
書き綴りたいと思います。

続きを読む

プロフィール

親方1966

Author:親方1966
1966.5.25生まれ


影山ヒロノブ
遠藤正明LOVE

アニソン好きをこじらせて
「親方1966」
(アニソン弾き語り)

「夫婦の時間」
(アコギ&カホンの
アニソンユニット)

いろいろやっております

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。