スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侍戦隊シンケンジャー 第三十四幕「親心娘心」

シンケンジャー面白い!!
TV展開の充実振りには目を見張るものがあります。
ですから余計に、劇場版の短さが残念でなりません。

侍戦隊シンケンジャー 秘伝音盤 第三幕侍戦隊シンケンジャー 秘伝音盤 第三幕
(2009/10/02)
TVサントラ松坂桃李

商品詳細を見る
突然屋敷に茉子の父親、衛がやってくる。
現在ハワイ在住の衛は、茉子を連れ戻しに来たのだ。
これは先代シンケンピンクである茉子の母親、
響子も望んでいるのだ。

突然のことで戸惑う茉子だが、
侍を辞める気はない・・・

外道衆が小学校を襲撃。
シンケンジャーが駆けつけるが、
子供たちがさらわれてしまった。

手分けして子供たちの行方を探す侍たち。
茉子が子供たちを発見する。
アクマロが子供たちを絶望させ、
三途の川の水をあふれさせようとしていたのだ。

シンケンジャーは子供たちを救出し、
アクマロたちと戦闘。
だが衛は茉子を止めようとする。
その衛に茉子は・・・

祖母に侍としての教えを受けた茉子。
両親はドウコクを封印した戦いの後、
ハワイへ移住した・・・
何故今になって迎えに来たのか?

ドウコクとの戦いで身も心もボロボロになった響子。
その響子を支える衛。
二人は茉子のことは忘れていなかったのだが、
自分たちのことで精一杯だったのだ。

茉子は両親を恨んでも、後悔もしていないが、
侍は止めないと宣言。
スーパーシンケンピンクとなり、アクマロを退散させる。

ハワイへ帰る衛。
そこには響子の姿が・・・
お互いの本心を知り、足りなかった何かが埋まった
茉子だった・・・
(脚本:小林靖子 監督:長石多可男)


すごくいいお話でした。
一緒に見ていたカミさんと二人で大感心でした。
響子と茉子の再会シーンは泣いてしまいました。

先代シンケンジャーの戦いは壮絶だったんですね。
茉子の母、響子が未だ車椅子だったところが・・・
また響子役が伊藤かずえさんというのもうれしいですね。

ここに来て、さらに各キャラの掘り下げに入るシンケンジャー。
今後も見逃せません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

KAIXAさんへ

今気になっているのが、
先代シンケンジャーの戦いですね。

戦死者を出したり、後遺症が残る傷を負ったりと、
かなり激しい戦いがあったと思われますね。

「キバ」のゆりと恵を思い出しました。

富宅さんはクールな実業家や医師といった役柄が多かったですので、今回演じられた衛は意外なキャラクターですね。それと茉子ちゃんの母、響子を演じた伊藤かずえさんもパワフルな「ゲキレン」の未希さんと真逆のキャラはさすがの一言ですね。さて、今日売りの中京スポーツ紙に茉子役の高梨臨さんのインタビューが掲載されてまして。シンケンジャーとは違った魅力にますますファンになりました。
プロフィール

親方1966

Author:親方1966
1966.5.25生まれ


影山ヒロノブ
遠藤正明LOVE

アニソン好きをこじらせて
「親方1966」
(アニソン弾き語り)

「夫婦の時間」
(アコギ&カホンの
アニソンユニット)

いろいろやっております

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。