仮面ライダーW 第16話「Fの残光/相棒をとりもどせ」

仮面ライダー
04 /01 2010
フィリップを「来人」と呼び迫る冴子。
タブー・ドーパントから何とか逃げたフィリップだが、
翔太郎と亜樹子は人質に取られている・・・

アームズ・ドーパントはフィリップを呼び出す。
二人を助けたいフィリップだが、行けば組織の手に落ちる・・・
悩むフィリップの前にファングメモリが・・・

冬美と接触するフィリップ。
倉田のことを知りたい一心で頼み込むフィリップ。
冬美は倉田がガイアメモリに
飲み込まれているのを承知しているのだが、
それでも助けに行きたい・・・相棒だから・・・
「相棒」
息を飲むフィリップ・・・

天井に吊るされている翔太郎。
ロープでそれを支える亜樹子。
翔太郎の下には鋭い金属が・・・

耐え切れず手を離す亜樹子。
そのロープを加えたのがファングメモリだった。

現場に登場するフィリップ。
ファングを使いファングジョーカーに変身!

フィリップはファングジョーカーを制御できずに暴走する。
暴走するファングジョーカーは
亜樹子もろともアームズを攻撃する。

寸でのところで攻撃を止めるファングジョーカー。
翔太郎とフィリップ、二人の力で制御に成功し
アームズを撃破した。

逃げるタブーを追うW.
そのタブーを救ったのは、新しい力に目覚めたナスカだった。

倉田は逮捕され、冬美は自首。事件は解決する。
そしてフィリップはファングという新たな力を得る。
(脚本:三条陸 監督:柴崎貴行)


白黒のファングジョーカー。
とってもかっこいいですね。
フィリップが変身、というのもまたいいですね。
私はフィリップは頭脳担当のみと思っていたので、
変身の可能性は頭から考えていませんでした。

しかしガイアメモリって怖いですね・・・
人間が変わってしまうのは・・・
イヤなものです・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

KAIXAさんへ

Wは「風都の平和を守る」という、
よく考えればスケールの小さい話なのですが、
ガイアメモリの設定がよく練られていて、非常に考えさせられます。

このまま行けば、平成ライダーの傑作のひとつになるかと。

私もファングジョーカーフォームは「ビギンズナイト」で観て
かっこいいなと思ってましたが、こんなに早く出るとは・・・。

>しかしガイアメモリって怖いですね・・・。

フィリップもファングメモリを拒絶してましたからね。でも一番怖いのは
そのガイアメモリを作った人間ですよ。こう書くとまるで、ウルトラシリーズみたいですし、

こういう形で間接的にドラッグの怖さを教えているのですから、
「ダブル」も宮内洋イズムの継承者ですね・・・。

親方1966

1966.5.25生まれ 男

昭和アニソン専門夫婦ユニット
「夫婦の時間」(2013年5月結成)
アコギ&ボーカル担当

「アニメソングは世界を救う!」を理念に
昭和アニソンで世界平和を目指してます