スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cole Clark FL3AC

ついに買ってしまいました!
Cole ClarkのFL3!!

20131217204442.jpg

Cole Clarkには3つのグレードがあってね。
FL1からFL3まで存在していて。
名古屋ではFL1とFL2が島村楽器に行けば会えます。
ちなみにFLとは「FAT LADY」の略だって

FL1は入手できるチャンスがいくつかあったけど、
俺が欲しいのはFL3!

何故なら影山ヒロノブさんが
FL3を使っているからなのだ!
20130908211401.jpg
これは影ちゃんのFL3。

Cole Clarkは
生音はマーティンやギブソンの
高級ギターには負けるけど、
ラインを通した音がすんごく良くてね。
ギター教室の先生も絶賛したほど!
(先生は生音も絶賛していたけど)

でもFL3は定価が60万円ほどしてね

あきらめきれずに
あきらめきれずにいたら、
今回いろんな縁に恵まれて、
ついに俺もオーナーになることが出来たのだ!

試奏してみたら、少し弦高が高いので(3mmあった)
弦高調整を依頼(2.5mmにして欲しいと依頼)。
最初店側は工房に出すので有料になると言っていた。
それでも俺はプロにやってもらいたかったので
依頼しておいた。

すると後日、
ネックの調整などで弦高が下がったとの連絡が。
取りに行ってみると、確かに2.5mm近くまで下がっている
弾いてみると良好!
しかも無料で良いとのことなので、
喜んで引き取ったのだ!!

平日はギターを思い切り弾く時間が取れないので、
週末に個人練習で取っておいたスタジオに持参。
江梨子さん(フェンダーGA-45SCE)と弾き比べてみた。
20131221185456.jpg

江梨子さん、
生音は気に入っているけど
ラインを通すと何だかイマイチ
これはエレアコの永遠の課題らしいけど、
FL3をライン通して弾いてみたら、
もうビックリ!!

ああ、アコギの音がそのままアンプから出ている!!

このスタジオはギターアンプが二つあって、
音が気に入らない方を使ったけど、
それでもとっても良い音。
感動しました

生音も太い音が出ます。
ちなみにトップはブンヤという
オーストラリア特有の木で、
サイドとバックはローズウッドとのこと(楽器屋の説明による)

20131221164507.jpg
こちらは俺のFL3ね。
命名「クララ」ちゃん
ま、究極の影山グッズですよ

早くこのギターを弾きこなせる
実力をつけたいです!
スポンサーサイト
プロフィール

親方1966

Author:親方1966
1966.5.25生まれ


影山ヒロノブ
遠藤正明LOVE

アニソン好きをこじらせて
「親方1966」
(アニソン弾き語り)

「夫婦の時間」
(アコギ&カホンの
アニソンユニット)

いろいろやっております

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。