スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実写版 美少女戦士セーラームーン Act.31

今日は行きますよー!
実写版セーラームーン、31話です!!

美少女戦士セーラームーン(8) 美少女戦士セーラームーン(8)
特撮(映像) (2004/10/22)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る
戦士の力が覚醒しないことを
思い悩むまこと。

ルナは
「まずは苦手なものを克服しては?」
ということで、まことの苦手なじゃがいもを食べさせたりしている。
亜美やレイはその効果を疑問に思うが、
まこと自身は
「今はなんでもやってみたいと思っている」
とがんばっている。

元基が引越しの際にケガをした。
まことは元基のためにカレーを作って渡す。
そのお礼に元基はまことを映画に誘う。

行くかどうか悩むまこと。
ルナは
「これも戦士の修行よ」
と送り出す。
しぶしぶ出かけるまこと。

映画の後の喫茶店。
元基の話も耳に入らず、さっさと帰ろうとするまことだが、
突如現れたルナに、デートの続きを命じられる。

デートの続きをする二人。
「まこちゃん!もし良かったらだけど」
「あ!あぶない!」
落ちている壊れた傘を拾うまこと。
「あのさー、俺・・・」
「あ、そろそろ・・・」
「ゴメン、ちょっと聞いて。ずっと気になってたというか、
マフラーもらった時から、いいなって思って」
「ゴメン。私全然そんなんじゃないから。
女の子らしくなんかないし、ケンカ結構強くて、
学校でも怖がってる子いるっていうかさ」

「まこちゃん・・・」
「絶対ダメだと思う。ガッカリするよ、
やめたほうがいいって、ありえないし私なんか」

「・・・まこちゃん、わかったから」
笑顔で答える元基。
「いやーまいったなー。こんな
徹底的に断れるの始めてかも」
「元基くん・・・」
「でもすっきりした・・・それじゃあ」

歩き出す元基。
まことの方に振り向き
「あとさー、やっぱりまこちゃんは
女の子らしいと思うよ」
歩き出す元基。

歩いている元基。
途中でうさぎたちに会う。
「あれ?元基くん。
デート終わったの?まこちゃんは?」

「ふられちゃった」
「ええ?」

「どうして・・・」
思い悩むまことの前に妖魔が!
みんなを呼びつつも、ジュピターに変身し応戦する。

街では妖魔が暴れていた。
ダークキングダムの仕業ではなく、
クインメタリアの力の影響だ。

街に現れた妖魔のために、うさぎたちはジュピターの
加勢に行くことが出来ない。

強力な妖魔に苦戦するジュピター。
「落ち着け、大丈夫、
一人でも出来る、今までだって・・・」


自分の前から去っていった人たちを思い出すまこと。
(どうして・・・)
いつも心によぎった言葉だ。

そのとき、木々のざわめきがジュピターに語りかける。
内なる変化を感じるジュピター。
雷を纏うジュピター。
「シュープリーム・サンダー!」
妖魔を一撃で吹き飛ばす。

「私、わかったよ。
私たちの今は前世に理由がある」


ゾイサイトの力でダークキングダムに招かれる衛。
そこにはネフライト、クンツァイト、ジェダイトも。
対峙する四天王とマスター・エンディミオン・・・
(脚本:小林靖子 監督:高丸雅隆)


前回まで異彩を放った黒木ミオは今回はお休み。
まこちゃんが主役の回です。

まこちゃんが元基の告白を断るために、
自分を卑下して言う姿には、元基でなくても
「わかったよ、まこちゃん」と言ってしまいます。
うさぎの恋愛にはすごい協力していたのに、
いざ自分となると、下がってしまう。
「わかる、わかる」という感じですね。

でも男ってバカで、ちょっと女性に優しくされると、
「あ、これは行けるかも」と思ってしまいます。
元基がまこちゃんを気にした理由、
身につまされます・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

親方1966

Author:親方1966
1966.5.25生まれ


影山ヒロノブ
遠藤正明LOVE

アニソン好きをこじらせて
「親方1966」
(アニソン弾き語り)

「夫婦の時間」
(アコギ&カホンの
アニソンユニット)

いろいろやっております

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。