スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーカブト 44話

ひよりの再登場で、やっと盛り上がってきた
仮面ライダーカブト。

しかし私のほうは、DVD購入を断念します。
もしくは中断します。
最終回まで見てから決めたいなと。

天の道を往く者たち 劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE メイキング 天の道を往く者たち 劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE メイキング
石ノ森章太郎、 他 (2006/08/04)
東映
この商品の詳細を見る
ダークカブトともに去っていったひより。
「ひよりがその方が幸せだと思ってるなら、
辛いが・・・しょうがない」と天道。
「俺は何か違う気がする」と加賀美。

ワーム軍団が防衛ラインを突破し、
エリアZに向かっている。
乃木は岬を襲うが、
「岬は俺が守る!」と剣が登場。
サソードに変身するが、乃木に勝てないのを
知っている剣は、岬をかばい乃木の攻撃を
受け止めるだけだ。

そこに天道と加賀美が到着。
岬の前で強がる剣を見た加賀美は、
「ひよりも強がってるだけでは」と言う。

しかし今はワーム殲滅が先。
二人はカブトとガタックに変身する。

そこへ蓮華から、皆既日食を見たとの連絡が。
カブトはひよりを助けるために時空の彼方へ行き、
ガタックはカブトが戻るまで
一人で乃木ワームと戦うことに。

乃木に苦戦するガタック。
突如現れた影山がザビーに変身するが、
ライダースティングとライダーカッティングを
コピーされ、逆に喰らってしまう。

時空の彼方でひよりと再会した天道。
「俺はお前が生まれてきてくれてうれしい。
俺はお前が生きる世界を守る」
「僕は生きていていいのか?」
「さ、帰るぞ」
手を差し出す天道。
天道に駆け寄るひより。

「ひより、うそだろ!!」
擬態天道の言葉もむなしく、二人は
元の次元に帰っていく。

ガタックの下に戻るカブト。
そこに矢車も現れ、キックホッパーに変身。
3人のライダーキックを同時に受けた乃木は
コピーに失敗。
最後はハイパーカブトの
マキシマムハイパーサイクロンで殲滅に成功した。

天道の帰りを待つひよりの前に、
擬態天道が現れた。
ダークカブトに撃たれるひより。
「壊してやる・・・こんな世界!!」
擬態天道の前に、二人の男が現れた・・・
(脚本:米村正二 監督:柴崎貴行)


ここ数話のカブトは、変なギャグもなく、
開始当初のいい雰囲気で進んでいますね。
1年間の長いシリーズなので、途中で
ギャグ話を入れるのはいいんですが、
方向性が見えなくなるまでやるのは
どうかと思います。

それが私がDVD購入を中断する理由です。

でも最終回に向けての展開も、
とても楽しみにしていますよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

KAIXAさんへ

なるほど。あの二人の乃木は新しい能力の分裂ですか・・・
私は元から乃木は複数存在するのかと思ってました。
でも新しい能力と考えれば・・・

最後は巨大化したりして(笑)。

まずは「轟轟戦隊ボウケンジャー」から、高丘がオウガの呪いで石像にされてしまい、戦力ダウン(あ、プラマイゼロか)のボウケンジャーにブラックシンジケートを利用して造られた戦闘兵器ホムンクルスでクエスターが襲い掛かる。ボウケンジャーもアルティメットダイボウケン、ズバーン、ダイボイジャーで迎え撃つがあえなく玉砕。はたして地球はクエスターの手に渡ってしまうのでしょうか?そして、映士は帰ってくるのでしょうか?しかし、ガジャも、リュウオーンも、ヤイバも、シズカも利用されたにもかかわらず傍観してるだけなんて何を考えとるんだ!これが少年誌でしたら、シズカが「勘違いしないでよね、やつらにブラックシンジケートを怒らせたらどうなるかを教えてやるだけなんだからッ」と言って助太刀しますよ(少なくてもガジャはゴードムエンジンでガイとレイを甦らせたのでそれくらいはしてもいいはず)。さて、前置きは長くなりましたので本題の「カブト」に。今回はトリプルライダーキックや、ひよりちゃんの帰還がありましたが、一番は剣がミサキーヌを守るためにカッシスワームにメッタ打ちにされるところには感激しましたね。次回はそれが通じたのか、剣と岬が悲願のデート。しかし、脚本が井上先生ですので、すんなりとはいかないでしょうね・・・。そして、ひよりちゃんを取り返された擬態天道は乃木と組むみたいです。それにしても、今度は分裂ですか。いったいカッシスワームはどこまで進化するのですかね?それでは。
追伸 現在発売中の「ファンロード1月号」のシュミの特集コーナーは「特撮モノ」で、カブトやボウケン、メビウス、ライオン丸Gにまつわる文字ネタ満載で、爆笑必至です。
プロフィール

親方1966

Author:親方1966
1966.5.25生まれ


影山ヒロノブ
遠藤正明LOVE

アニソン好きをこじらせて
「親方1966」
(アニソン弾き語り)

「夫婦の時間」
(アコギ&カホンの
アニソンユニット)

いろいろやっております

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。