FC2ブログ

甲状腺腫瘍その1

甲状腺腫瘍
07 /08 2018
2017年の8月に甲状腺腫瘍の摘出手術を受けまして。
あれから1年経ったので、その記録をまとめたいと思います。

首の左側が膨れているのに気付いたのは、
確か2015年か2016年ごろじゃないかと。
本人は全く自覚症状もなく痛みもないけど、
急に首にコブが出来てね。

慌てて医者に行って調べてもらったら
「悪性ではないので経過観察で」と言われてね。
特に息苦しさも感じなかったので
俺としては「あ、そうですか」って感じ。
そのまま放っておきました。
困るのはネクタイをするときに
シャツの襟が締められないぐらいでね。
俺の仕事はスーツは着ないので、
実際にはほとんど困ってなかったのです。

ところが2017年の7月、
某ライブバーへの出演を控えた日。
家でゴロゴロしていたら
「ん?何だかコブが大きくなったか?」と
相当な違和感というか息苦しさを感じて。
奥方は出かけていたので、自分でもよくわからず。
今から考えると、そのときはかなりコブが大きくなっていた模様。
でもライブ出演のために出かけました。

ライブバーで奥方と合流。
違和感を感じつつ左首に出来たコブを押してみると、
息苦しさが緩和されて。
「え?俺って一生このまま?」と次第にパニックになってきて。

ライブバーの外に出て深呼吸したり、
奥方に窮状を訴えたりしたけど、
出番になったので弾き語りを開始。

すると今までは簡単に声が出ていた高音部が
全く出なくなってて。
普通のしゃべり声や低音部は声が出せるけど、
いわゆるサビ部分の高音部が
声がかすれて出ないのです・・・

そのときの首の状態の写真がこちら。
20180627194016333.jpeg

医者に「そのままにしといてもいいよ」と言われたので
ずっと安心していた俺ですが、
まさか大きくなるとは・・・
そして声が出なくなるとは思ってなくて
とんでもなく焦りました・・・

続く
スポンサーサイト

親方1966

1966.5.25生まれ 男

昭和アニソン専門夫婦ユニット
「夫婦の時間」(2013年5月結成)
アコギ&ボーカル担当

「アニメソングは世界を救う!」を理念に
昭和アニソンで世界平和を目指してます