スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実写版 美少女戦士セーラームーン Act.35

先日ワイドショーを見ていたら、
北川恵子嬢が出ていてビックリしました。
映画のヒット祈願で豊川稲荷に来ていたそうで、
中日スポーツにも載っていました。

本人の声は、レイちゃんのドスの聞いた声と違って、
可愛らしかったです。
セラムン以外で北川嬢の演技は見たこと無かったので、
その声は新鮮に感じました。

みんなそれぞれ活躍しているなー。
とてもうれしいです。

美少女戦士セーラームーン(9) 美少女戦士セーラームーン(9)
特撮(映像) (2004/11/26)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る
明日は衛と、
愛野美奈子のライブチケットを買いに行くと、
うさぎはウキウキだ。

そのころ衛は、
倒れていた黒木ミオを病院に運び込む。
夜中にうさぎに電話するが、
うさぎは寝ぼけて話しにならない。

同じ病院には美奈子が。
「間違ってる。やっぱり二人を止めなきゃ」
うさぎと衛のことを思う美奈子。

「お礼がしたい」というミオに
「それほどのことはしていない」と
帰る衛。

美奈子は衛を見つけ追いかけるが、
ゾイサイトに阻まれる。
しかし両者の利害が一致したと見たゾイサイトは、
ヴィーナスに共闘を持ちかける。
「私は完全にベリルの手を離れてるとは言えない。
もしものときにマスターを助けて欲しい。
その代わりに、これを・・・」
ヴィーナスにある物を差し出すゾイサイト。

ライブチケットが売り切れで落ち込むうさぎ。
そこに美奈子が。
うさぎを食事に誘う美奈子。
ゾイサイトから渡されたものはオルゴールで
それを聞かせると、想う相手のことを
忘れてしまうのだ。

食事中に話すうさぎ。
「私、ずっと美奈子ちゃんにお礼言いたかったんだよね。
実は好きな人がいて、全然うまくいかなくて、
もうダメかなって思うときもあったんだけど、
そういうとき、美奈子ちゃんの歌で
励まされたっていうか。
美奈子ちゃんの歌歌ってると、
元気出たしガンバレたんだよね。
今すごいうまく行ってるなんて、
美奈子ちゃんのおかげだと思う」
その言葉を聞いて驚く美奈子。
「ホントに歌ってくれてありがと」

衛のもとにミオが。
「衛くん、お礼がしたいの。一緒に来て」
ミオの手を振り払う衛。
衛に抱きつくミオ。
同時に黒い花びらが舞う。
衛はミオの術中にはまってしまう。
「うかつだった!あれはクインベリルの影!」と
ゾイサイト。

うさぎの想いを聞いてしまった美奈子は、
なかなかオルゴールを開けられない。
「美奈子ちゃんどうかしたの?」
うさぎの声に驚いた美奈子はオルゴールを落としてしまう。
ふたが開いて、曲が流れ出す。
うさぎの体が固まってしまった。

ミオは衛を連れ去ろうとしている。
それを察知したゾイサイトが、美奈子の前に現れ、
「クインベリルがマスター・エンディミオンを
捕らえようとしている。
交換条件だ、マスターを」
それを聞いたうさぎはフラフラと歩き出す。

「待って!プリンセス!」
「助けに・・・行かなきゃ」
美奈子は更に、オルゴールの音をうさぎに聞かせる。
うさぎの記憶から衛との思い出が消えていく。
「ごめんなさい・・・」

ミオと衛の前にクンツァイトが。
「マスターは渡さん」
ミオに切りかかるクンツァイトだが、
ジェダイトがそれを止める。

うさぎにオルゴールを聞かせ続ける美奈子。
うさぎは美奈子の曲を口ずさむ。
「わかるの?忘れていくことが。だから・・・」
涙を流すうさぎ。
「!! そんなに・・・」
動揺した美奈子はオルゴールを落としてしまう。
バラバラになるオルゴール。

衛の術が解けた。
「うさぎ!」
衛にジェダイトが迫る。
その時
「ムーントワイライトフラッシュ!!」
ミオは消え、セーラームーンとエンディミオンが現れる。

ヴィーナスも現れ、ジェダイト、クンツァイトと戦闘に。
戦いは膠着状態になるが、空が黒雲に覆われ、
「もうよい!」とベリルの声が響き、
ジェダイトとクンツァイトは消え去る。

「大丈夫だった?」
「ああ」
微笑みあう二人。
「プリンセス、今日のお詫びにこれを」
封筒を差し出し、去っていくヴィーナス。

「何だろう、これ?」
「ライブのチケットじゃないのか?」
「ライブのチケットって?」
封を開けるムーン。
「あ!愛野美奈子のライブのチケットだ!
うれしーい!絶対手に入らないと思ったのにー。
でも、何でヴィーナスが??」

「自分のライブだからだろ」
不思議そうな顔でエンディミオンを見るムーン。
「ん?」
「まさか」
「え?」
「知らなかったのか?
セーラーVのころから知ってたぞ」
しばらく考えるムーン。
「・・・ ! うそー!!」

会場に急ぐうさぎと衛。
もうライブは始まっている。
場内に入ると「Romance」を歌っている美奈子。

歌の最中に突然倒れる美奈子。
騒然となる場内。
「どういうこと?美奈子ちゃん、美奈子ちゃん!」
(脚本:小林靖子 監督:鈴村展弘)


ヴィーナスにチケットを渡され、
不思議にそうにエンディミオンを見上げる
ムーンの顔。
それがあまりに可愛くて、当時私は何度も見返しました。
セラムンの私的ベストショットの一つです。
今見ても、とっても可愛いです。

またうさぎが美奈子のチケットを買い際の
店員とのやりとり。
うさぎが去った後に、まことが来ての店員とのやりとり。
そこら辺もとっても好きです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

KAIXAさんへ

週プレ買いましたよ。
雪の上に半裸で横たわる彩夏さん・・・
グラビアも大変ですよね・・・

22日発売の「週刊プレイボーイ」に小松彩夏さんの表紙&巻頭グラビア&インタビューが掲載されております。他には「デカレンジャー」のウメコ役の菊地美香さんのグラビアもありますので、ご覧ください。それでは。

こっちよ!さんへ

あのシーンはうさぎの天然ぶりが発揮されていて、私も好きなシーンの一つです。

>しばらく考えるムーン。
>「・・・ ! うそー!!」
この場面、こっちよ!的実写版ギャグランキングの第一位です(笑)
プロフィール

親方1966

Author:親方1966
1966.5.25生まれ


影山ヒロノブ
遠藤正明LOVE

アニソン好きをこじらせて
「親方1966」
(アニソン弾き語り)

「夫婦の時間」
(アコギ&カホンの
アニソンユニット)

いろいろやっております

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。