スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダー電王 第12話「走れタロス!」

毎年毎年よく可愛い子を見つけ出すな、と
平成ライダーの新シリーズが始まるたびに
思いますよね。

電王のヒロイン、ハナ役の白鳥百合子さんも、
非常に可愛らしい人です。
しかし劇中では怒ったり、怒鳴ったりするシーンが多いので、
今後はもっと笑顔のシーンが見たいですね。

装着変身 仮面ライダー電王 ロッドフォーム 装着変身 仮面ライダー電王 ロッドフォーム
(2007/05/25)
バンダイ
この商品の詳細を見る
アイビーイマジンに止めを刺さずに
わざと逃がす電王アックスフォーム。
キンタロスと良太郎は、
カスミの父、謙作の本心が知りたいのだ。

良太郎とハナは謙作の店に行くが、
謙作は「知らない」の一点張り。
カスミを見守っている「カスミ草の人」は
あなただと思っていた・・・
良太郎の言葉に思うところがある謙作。

やはり謙作はアイビーイマジンと契約していたのだ。
謙作自身はそれを「夢」だと思っていたらしい。

パリコレへ出発するカスミを護衛する良太郎。
その車をアイビーイマジンが襲った。
するとキンタロスが憑依。
娘を思わない父はいない、これには意味があるはずだと、
イマジンに加担したキン太郎は、車を海に放り投げ、
カスミのパリコレ行きの邪魔をする。

そこへ謙作が。怒りを露にするカスミだが、
謙作はマネージャーに、
早くカスミを連れて行け!と言う。
アイビーイマジンはカスミの仕事を全部つぶしたとして、
契約完了を宣言。謙作の過去へ飛ぶ。

カスミは店の手伝いを優先させ、
モデルへの夢をあきらめかけていた。
謙作はカスミの夢をかなえてあげたくて、
わざと冷たくし、カスミを追い出したのだ。
その後、モデルとして活躍するカスミを
影から見守り、カスミ草を送っていた。

その謙作の望みは「カスミに会いたい」だったが、
アイビーイマジンはカスミの仕事をつぶすことにより、
その願いをかなえようとしたのだ。

アイビーイマジンを追って、過去へ飛ぶ良太郎たち。
その日は謙作がカスミを追い出した日だった。

街を破壊するアイビーイマジン。
戦おうとする良太郎だが、突如キンタロスが憑依。
キン太郎は出て行こうとするカスミを追いかける。

カスミの乗るバスを追いかけるキン太郎。
キン太郎は謙作の本心を、カスミに伝える。

イマジンに手を貸し、時の運行を変えたキンタロスに
オーナーはデンライナーからの追放を宣言する。

アイビーイマジンに立ち向かう良太郎。
キンタロスを呼び出すと、アックスフォームに変身。
ダイナミックチョップで見事粉砕する。

良太郎がカスミと出会う直前の時。
カスミは謙作を見つけ、謙作が「カスミ草の人」と知る。
去年「親父さんはお前を愛しとる!」と
言ってくれた人の
言葉を信じていたのだ。
そしてカスミと謙作は和解する。

これでカスミと良太郎が会うこともなく、
キンタロスの暴走も、アイビーイマジン出現もなくなった。
オーナーはキンタロス追放を撤回する。
「このようなことは、これっきりにしてください」

そしてまたキンタロスは冬眠に・・・
(脚本:米村正二 監督:坂本太郎)


これって結果オーライですが、
完全に時の運行変えてますよね?
タイムパラドックスですよね?
「変です」で終わらせてますが、いいんでしょうかね?

OP映像で笑う野上姉弟とハナ。
これは録画していないと嘘をついて撮った、
完全なるオフショットとのことですが、
非常にいい笑顔ですよね。
見ていてホッとします。
早く劇中でも、このような笑顔が見たいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ZANへ

特撮ヒロインは特ヲタの永遠の憧れですよ。

放送見ていて「あれ?」って思ってアルテミスさんに聞いたらやはり社長だったんですよ。脇役とはいえ見つけると嬉しいですね。最近目が肥えてきたなと思いましたねー!

親方は女の子に目が行き過ぎですよ(笑)

ZANへ

そ、そっかー!!
どこかで見たことある人だと思っていたが・・・
ありがとうです!!
それにしても謙作が、美奈子の事務所の社長であることを見抜くなんて、ZANはよっぽど実写版セラムンが好きなんですね(笑)

あのお父さんって

美奈子の事務所の社長さんじゃないですか?渋い演技だったから最初気付かなかったです(笑)

KAIXAさんへ

最近の私は、意外にも野上姉に萌えです。

秋山莉奈さんと芳賀優里亜さんは似ている

たしかに平成ライダーはキレイどころが出てますね。今のハナとナオミちゃんも良いですが、私のお気に入りは「ファイズ」の真里役の芳賀優里亜さんと「カブト」の蓮華役の手嶋ゆかさんです。さて、今回はキンタロス株が急上昇しましたね。彼の真っ直ぐさが素直になれない父とかたくななかすみちゃんの心を和らげたのだと、思います。さて、次回はいよいよ四番目の電王が登場します。モモタロスがロック、ウラタロスがクラシック、キンタロスが演歌ときて、今度のはヒップホップっぽい印象を受けます。どうやらハナの笑顔は当分見れそうにないですね。エンディングのコントでは「ゲキレンジャー」のバエが出演。モモタロスのツッコミが面白かったです。今度はメレofリンをウラタロスがナンパするネタをやってほしいです。それでは。
プロフィール

親方1966

Author:親方1966
1966.5.25生まれ


影山ヒロノブ
遠藤正明LOVE

アニソン好きをこじらせて
「親方1966」
(アニソン弾き語り)

「夫婦の時間」
(アコギ&カホンの
アニソンユニット)

いろいろやっております

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。