スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダー電王 第31話「愛・ニード・侑」

9月放送分から、ハナ役の白鳥百合子さんが
出演していません。
劇中にハナは存在していますが、
姿は出てきません。
・・・寂しい・・・

白鳥百合子 like a flower 白鳥百合子 like a flower
白鳥百合子 (2007/05/25)
竹書房
この商品の詳細を見る
ゼロノスカードはあと1枚。
侑斗にカードを使わせないため、デネブも必死に戦い、
良太郎もアックスフォームに変身、
ラビットイマジンを撃破する。

愛理は知らないうちに、
1000万円の借金の保証人にされていた。
次々と差し押さえらていくミルクディッパーの備品。
あの望遠鏡までもが・・・
「これだけは」と良太郎は
望遠鏡を持って逃げ出す。

すぐに捕まった良太郎。
そこに金融会社の社長である藤代が現れる。
藤代は借金をチャラにする代わりに、
愛理に結婚してほしいと迫る。

どうやら藤代は愛理を罠にはめたようだが、
桜井侑斗のことを知る藤代に、
良太郎は不安を覚える。

婚約指輪を渡された愛理は、
意を決したように藤代のあとを追う。

良太郎から事情を聞く侑斗。
不安を話す良太郎に、侑斗も自分の心情の
一端を語る。

アントホッパーイマジンが現われた。
愛理のことは侑斗にまかせ、
リュウタロスとともにイマジンを追う良太郎。

わざわざ姿を見せ付けたイマジンが気になった侑斗は、
デネブも行かせることに。

アンとホッパーイマジンを追い詰めるガンフォーム。
しかしそれは罠だった!

渡された婚約指輪を藤代に返す愛理。
借金は他から借りてでも返すと言う。
そしてついに藤代は、
愛理に桜井侑斗のことを話してしまった。
借金のことも藤代の罠だったのだ。

アントホッパーイマジンは2体いた!
追い詰められるガンフォーム。
意地になっているリュウタロスは、
クライマックスフォームになることも拒否する。

2体のイマジンに滅多打ちにされるガンフォーム。
止めを刺そうとイマジンが迫る・・・
(脚本:小林靖子 監督:金田治)


そこにいるべき人がいないと、
やっぱり違和感がありますよね・・・
ただ話の流れはさすがに小林!という感じで、
非常におもしろいです。

白鳥さんは体調不良ということで、
現在仕事を減らしつつ休養中です。
白鳥さんの完全復活を心から願っていますが、
ハナは電王ワールドの重要人物。
このまま降板とか代役とかにはならないことも、
心から祈っています。
最後にチラっと姿を見せるだけでもいいんですが・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

KAIXAさんへ

確かに愛理さんは、あのホンワカした雰囲気がいいんですが、水着姿が見たくなるのは男の性。
高寺Pなら、その辺わかっていますが、最近の特撮ヒロインは番組内で水着にならないんですよね。
大人の事情なんですが、さびしい時代です・・・

近鉄パッセ店あたりで握手会やってほしいです。

「特撮ニュータイプ」の松本若菜さんのインタビューの左端に「11月9日に初写真集が発売」と、ありました。個人的には水着はやってほしくないのですが・・・。

KAIXAさんへ

愛理さんは罪作りなのは間違いないです。
水着DVD出してくれないかな?

Leo16さんへ

そ、そうだったんですか!コハナはコ亜美だったんですね!!
うーむ・・・偶然とはいえ、不思議な縁を感じます・・・
実写セラムンのメイン視聴者ターゲットは私なんですが、もしかしたら電王も・・・(笑)

今回のゲスト、青木伸輔さんは眼力があり良い演技をするので、10年くらい前から注目していましたが、ここ数年、お見かけしないので(私がドラマや映画をあまり見ないだけなのですけど)どうしてるかなぁと、思っていたら、こうして顔が見れて嬉しかったです。さて、その青木さんが演ずる藤代は借金でっち上げてでも、愛理さんをモノにしょうとは・・・ 愛理さんってけっこう罪な人ですね。まぁ、魔物を虜にしてしまうのですからね。ちなみに松本若菜さんも吉本の劇場近辺のうなぎ屋さんでバイトしていたとき、数多くの芸人さんが口説きにいったという伝説があります。それにしても、電王のゲストは男性が圧倒的に多いですね。女性は栗原瞳さんと満島ひかりさんくらいではないでしょうか?あと20回くらいですので、女性ゲストを増やしてほしいですね。

ううっ。DVDを買ったとたんにハナがすっかり姿を消してしまった。やっぱり親方さんを見ならって、買い控えた方が良かったかも……。
次回から出てくるコハナは、ちょっと口もととか、ハナに感じが似てますね。で、自分のブログにもう書きましたけど、この子は、セーラームーンAct.34で、亜美に家出されたママがしみじみと眺めるアルバムの中の、小さい頃の亜美ちゃんと同じ子役さんなので、これで親方さんの「実写版亜美」→「ハナ」という好みは一本スジが通っていることが証明された(笑)。
プロフィール

親方1966

Author:親方1966
1966.5.25生まれ


影山ヒロノブ
遠藤正明LOVE

アニソン好きをこじらせて
「親方1966」
(アニソン弾き語り)

「夫婦の時間」
(アコギ&カホンの
アニソンユニット)

いろいろやっております

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。