ULTRASEVEN X Episode2「CODE NAME “R”」

ウルトラマン
10 /23 2007
各地でアブダクション(誘拐)事件が発生。
DEUSからの指令で捜査を開始するジンとケイ。

捜査によると被害者が消え去る前、
「舟が出る!」との言葉を残していた。
そして捜査線上にはDEUSの元捜査官、
アールの姿が浮かび上がった。
(脚本:太田愛 監督:八木毅)


DEUSが秘密機関というのはわかりますが、
捜査官が今のところ二人しか出てこないのは、
ちとスケールが小さいですね・・・
ただ狙いどころはよくわかりますし、
方向性は間違っていないので、
あとはストーリー展開をどう盛り上げるか?と
いかにも深夜(低予算)的な作りを
何とかしていけば、もっとおもしろくなるのでは?

昼の場面増やせばいいのに・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

KAIXAさんへ

特撮番組を見て、そこの台所事情が見えてくるのが、すでにダメです。
ただ、始まったばかりなんで、今後の展開にはかなり期待しています。
狙いどころは間違っていないので。

第二話の時点でエージェントが二人というのもさみしいですが、今の人数のほうがサスペンスっぽくて良いと私は思います。個人的な要望を言えば怪獣出してほしいのですけど、円谷プロの経済事情を考えますと難しいですかね。それでは。

親方1966

1966.5.25生まれ 男

昭和アニソン専門夫婦ユニット
「夫婦の時間」(2013年5月結成)
アコギ&ボーカル担当

「アニメソングは世界を救う!」を理念に
昭和アニソンで世界平和を目指してます