ULTRASEVEN X Episode3 「HOPELESS」

ウルトラマン
10 /24 2007
脳が異常収縮した死体が発見された。
被害者は希望のない人々
「ホープレス」と呼ばれていた。

大金が遺留品として見つかり、
その中には以前ジンに、
「いい仕事があるよ」と言ってきた
タマルという男の名刺が。

ジンはケイとともに、タマルに接触する・・・
(脚本:福田卓郎 監督:鈴木健二)


今回は昼のシーンもあり、登場人物も多く、
それまであったこじんまり感は小さかったですね。

セブンも等身大での戦いでした。

また劇中ではまだ「赤い巨人」と呼ばれていますが、
これがいつか「ウルトラセブン」に変わるのでしょうか?
「セブン」とだけ呼ばれる、というのも
かっこいいんじゃないかな?
DEUS7番目の捜査官とか、何とか言って・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

KAIXAさんへ

あんな大金もらえるのなら、少し興味あります(笑)

小宮さんもかなり個性派俳優になってきましたね。

小宮さんを久しぶりにテレビで見ました。

今回は深読みしますと、一時世間を騒がせた、闇のハローワークを風刺してますね。あと「人類は命を懸けて守るべきものなのか?」といったウルトラシリーズの問題点を突いていますね。えー、次回はようやく怪獣が出るので楽しみです。さて、怪獣といえば、26日に角川書店から創刊された隔月刊マンガ誌「ケロケロエース」に「大怪獣バトルウルトラアドベンチャー」が連載されてまして、ビオランテや機龍のデザインを担当された西川伸司先生が作画を担当していまして、とても面白いですので、ぜひ一読を。それでは。

親方1966

1966.5.25生まれ 男

昭和アニソン専門夫婦ユニット
「夫婦の時間」(2013年5月結成)
アコギ&ボーカル担当

「アニメソングは世界を救う!」を理念に
昭和アニソンで世界平和を目指してます