ウルトラギャラクシー大怪獣バトル#6「もう一人の怪獣使い」

ウルトラマン
01 /17 2008
ベラルゴシティの生存者マキは、レイを
「この人が怪獣を使って街を襲った!」と叫ぶ。
驚くZAPメンバーだが、レイは何も言わずに立ち去るのみ。

マキはレイと同じく怪獣使いのケイトだった。
これはケイトの策略だったのだ!
(脚本:長谷川圭一 監督:北浦嗣巳)


今回ツインテールが登場します。
メビウスでの水中戦のツインテールも良かったですが、
立っているツインテールもやっぱり魅力的です。

このお話はウルトラマンが出ない分、
怪獣や超兵器の威力がクロ-ズアップされていて、
そこも魅力です。
ウルトラ正史の中では、多分一番未来に当たる話なので、
兵器の威力も史上最強のはず。
今後もっとすごいのが出てくるのでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

KAIXAさんへ

確かに「大怪獣バトル」はかなりおもしろいです!
私としては、見る人が限られるBSでの放送というのが、非常に残念です。
もっと大勢の人に見てもらいたいです!

今回はガンQが登場しましたね。私はいわゆる平成三部作はティガの終盤のごく一部しかチェックしてませんが、いろんな怪獣が出てるのですね。つくづく円谷プロの発想の幅広さに感服します。それにしても、こんなに面白い番組が1クールなんてもったいないですね。一年とまでは言いませんけど、せめて半年はやってほしいです。それでは。

トラックバック

◎ウルトラギャラクシー大怪獣バトル#6「もう一人の怪獣使い」

ベラルゴシティの生存者、アズサ・マキの正体はレイと同じく、バトルナイザーをあやつる怪獣使い、ケイトだった!ケイトの謀略により、ひとりペンドラゴンを立ち去ったレイに、地中より古代怪獣ツインテールが襲いかかる!レイはリトラで応戦するが…同じころペンドラゴン...

親方1966

1966.5.25生まれ 男

昭和アニソン専門夫婦ユニット
「夫婦の時間」(2013年5月結成)
アコギ&ボーカル担当

「アニメソングは世界を救う!」を理念に
昭和アニソンで世界平和を目指してます