ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル #11「ウルトラマン」

ウルトラマン
02 /10 2008
ペンダントに中の写真の少女、
カレンと出会うレイ。
カレンに自身のことを問うレイだが、
カレンは「知らない」と言う。

だがカレンは怪獣に街が襲われた中、
謎の赤ちゃんを救う。
しかし赤ちゃんは、カレンの目の前で
忽然と姿を消してしまった。

ヴィンセント島に超獣ベロクロンとドラゴリーが上陸。
レイはゴモラとエレキングで迎え撃つが・・・
(脚本:荒木憲一 監督:菊地雄一)


今回は超獣とゼットンが出現。
怪獣以上の超獣と、
最強の怪獣であるゼットンの対決も見たかったですが、
直接対決はナシでした・・・残念。

怪獣出現時に怪獣カードが繰り返し掲示されます。
正直しつこいぐらいですが、
この演出私は好きです。
非常にわかりやすいし、
怪獣紹介としてもいいと思います。

ヲタク的には初出作品も見れるとうれしいですが、
それは自分で調べろ!ということでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

KAIXAさんへ

ゼットンの登場はわくわくしましたねー。
それにこの期に及んでウルトラマンが出ない展開もGood!
次回が気になります。

怪獣と美少女って絵になりますね。

ゴモラ、エレキング対ベロクロン、ドラゴリーもさることながら、カレンの回想シーンでのレッドキング対アーストロンもなかなかでしたね。そして、キングジョーブラックに続く、強敵ゼットンの登場と、次回が待ち遠しいです。それにしてもケイトの目的はいったい・・・?それでは。

親方1966

1966.5.25生まれ 男

昭和アニソン専門夫婦ユニット
「夫婦の時間」(2013年5月結成)
アコギ&ボーカル担当

「アニメソングは世界を救う!」を理念に
昭和アニソンで世界平和を目指してます