スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎神戦隊ゴーオンジャー GP-22「最後ノノゾミ」

どうしても今まで時間が取れなかったので、
今日1か月分のスーパーヒーロータイムを
まとめて見ました。

疲れましたが、最後まで飽きずに見れるのが
やはりスーパー戦隊のすごいところですね・・・

炎神戦隊ゴーオンジャーVOL2炎神戦隊ゴーオンジャーVOL2
(2008/09/21)
特撮(映像)

商品詳細を見る
度重なる失敗に激怒したヨゴシュタインは、
ヒラメキメデスに処刑命令を下す。

ガイアーク反応を追ってきたゴーオンジャーは、
ボーセンバンキにやられているヒラメキメデスを発見。
ヒラメキメデスに加勢するゴーオンジャー。

重傷を負ったヒラメキメデスは、
最後に蛮ドーマスペシャルとトリプターの勝負を
大翔に挑む。

またヒラメキメデスは、
レースのゴールをガイアークの本拠地、
ヘルガイユ宮殿にすることも提案。
大翔は勝負を受ける。

勝負はトリプターの勝利。
だがやはり全ては罠だった。

しかしそれを大翔は見抜いていた。
巨大化したボーセキバンキをセイクウオーで応戦するが、
ヒラメキメデスの罠はセイクウオーの動きを封じる。

大ピンチのセイクウオーの前に現れたのは、
エンジンオーとガンバルオー。
ゴーオンジャーはヒラメキメデスを信じ、
その応援のために海を泳いでやってきたのだ。

ゴーオンウィングスはゴーオンジャーの強さを理解する。
両者は協力し、エンジンオーG9に合体。
ボーセキバンキを撃破する!
(脚本:武上純希 監督:鈴村展弘)


クールなウィングスに熱血のゴーオンジャー。
両者の対比がうまく描かれていますが、
クールなだけではダメ、、、また熱血なだけでもダメ
ということも描かれています。
要はバランスということですね。

ボーセキバンキの声優さんは松本梨香さん。
JAMファンとしては、梨香さん脱退が報じられたあとだっただけに、
元気な声が聞けてすごいうれしかったです。
梨香さん戻ってこないかな・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

KAIXAさんへ

ゴーオンジャーは人がいいのが微笑ましいですね。
一癖も二癖もある平成ライダーの登場人物とは、
とっても対照的ですよね(笑)

ちょっとしたダブルブッキングです。

私にとって、今回のゲスト松本梨香さんは「ポケットモンスターシリーズ」の主人公、サトシのイメージですので、今回のイトマキバンキは新鮮でしたね。「○○ゲットだぜ!」言ってほしかったです。あ、裏番組が「ポケモンサンデー」でした(しかもアニメ再放送のコーナー)…。でもその位いいのではと、思うのですがね。それにしても、熱血なのは結構ですが、ゴーオンジャーお人好しすぎ…。「555」の啓太郎なみに。あ、今ならひょっとしたら「555」も劇場板とまではいかなくてもVシネの一本くらいは作ってもらえたのかも…。
プロフィール

親方1966

Author:親方1966
1966.5.25生まれ


影山ヒロノブ
遠藤正明LOVE

アニソン好きをこじらせて
「親方1966」
(アニソン弾き語り)

「夫婦の時間」
(アコギ&カホンの
アニソンユニット)

いろいろやっております

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。