スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎神戦隊ゴーオンジャー GP-23「暴走ヒラメキ」

記事の更新が遅れていますが、
結構日が経ってから再び番組を見ると、
ストーリーの再確認が出来て、
「これはこれでいいかも・・・」と
最近思い出しました。

まーでも精神衛生上あまりよくないので、
できれば記事更新は遅れない方がいいですね。

炎神戦隊ゴーオンジャー Vol.3炎神戦隊ゴーオンジャー Vol.3
(2008/10/21)
古原靖久片岡信和

商品詳細を見る
ゴーオンジャーを倒すまで、
ガイアークに戻らない決意をしたヒラメキマデス。

走輔は相互理解を深めようと、大翔に付きまとい始める。

ヒラメキメデスが街で暴れ始める。
新たな必殺技を生み出したヒラメキメデスだが、
ゴールドはそれをすぐに破ってしまう。
退散するヒラメキメデス。

ヒラメキメデスは単なる発明家に過ぎなかったが、
ヨゴシュタインが害地副大臣に抜擢。
その恩に報いたいヒラメキメデス。

ヒラメキメデスは100体分のビックリウムを自分に投入。
デタラメメデスに生まれ変わった。

巨大化したデタラメメデスは、
デタラメな攻撃でゴーオンジャーに攻撃。
セイクウオーもエンジンオーG6も通用しない。

ゴーオンジャーはG9に合体。
しかし動きが予測できないデタラメメデスにはかなわないが、
レッドの捨て身の攻撃でデタラメメデスを吹き飛ばす。
だがゴーオンジャーもボロボロに。

ゴールドとデタラメメデスの最後の戦い。
ゴールドの危機を救ったレッド。
レッドはレッドの戦い方で、デタラメメデスを倒すのだった。
(脚本:古怒田健志 監督:渡辺勝也)


ガイアークの3大臣って仲がいいですよね。
またヒラメキメデスは、そのキャラから、
ヨゴシュタインの座を狙っているのかと思ってましたが、
純粋に恩に報いたかったようでした。
ヨゴシュタインもいい上司みたいですし。

仲間内でゴタゴタしているゴーオンジャーよりも、
チームワークがいいです(笑)

ヒーローよりチームワークがいい悪役・・・
これはおもしろいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

KAIXAさんへ

確かにゲキレンの悪はひどかった・・・(笑)

前年とは対照的なことをするのが「スーパー戦隊」の常なので、
ゴーオンの悪が微笑ましいのは、KAIXAさんのご指摘が
正解かもしれません。

ヒラメキメデスが初登場したとき、ウラタロスに感じが似てると書きましたが、恩義に厚いところも似てますね。

>ヨゴシュタインもいい上司みたいですし

けっこう人望あるのですね。それにしてもガイアークの三大臣はみんな人間味あふれていて、魅力的ですね。前作の臨獣殿が悪どすぎた分、愛される悪役というのが、スタッフの狙いなのでしょうか?
プロフィール

親方1966

Author:親方1966
1966.5.25生まれ


影山ヒロノブ
遠藤正明LOVE

アニソン好きをこじらせて
「親方1966」
(アニソン弾き語り)

「夫婦の時間」
(アコギ&カホンの
アニソンユニット)

いろいろやっております

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。