仮面ライダーキバ 第35話「ニューアレンジ・飛翔のバラ」

仮面ライダー
11 /19 2008
現代編に登場の真夜。
眼帯をしていますが、何が起きたのでしょうか?

Roots of the King(DVD付)Roots of the King(DVD付)
(2008/11/12)
TETRA-FANG

商品詳細を見る
深央は真夜にクイーンの辞退を申し出る。
しかし真夜は拒否。
真夜が深央を選んだのではなく、
クイーンの力が深央を選んだからだ。

傷ついた名護の代わりに、
健吾がイクサの装着者に選ばれる。

ブラッディローズを修復した渡だが、
弾いてみると何かが足りない・・・

1986年。
音也と真夜の間に入れないゆり。
涙にくれるゆりの前に次狼が。

次狼は音也に忠告するが、音也は聞く耳を持たない。

2008年。
ブラッディローズに足りないもの。
突然現れた次狼に、「音也の祈りだ」と
教えられる渡。

ホースフライファンガイアが暴走、
神田博士を殺害し、深央を連れ去ってしまう。

深央の救出に向かう太牙に、
自分の思いをぶつける渡。
二人で救出に向かうことに。

深央の救出に成功した渡はキバに変身。
太牙がキバの力を試すために、
大蛇ククルカンを差し向ける。

ククルカンにやられるキバだが、
音也の祈りを聞いた渡は、
キバエンペラーフォームから飛翔態に変身。
ククルカンを倒した。

太牙はサガに変身し、ホースフライを撃破する。

キバの新たなる覚醒を感じた真夜は、
渡への思いを口にする・・・
(脚本:井上敏樹 監督:長石多可男)


現代編に登場した真夜。
過去編の神秘的な美しさとかけ離れていますが、
何と言うか、うまい具合に老けていますね。
老けているというよりも、力が失われた感が
よく表現されています。

どうやら渡は音也と真夜の子供・・・
太牙は真夜の子供・・・
ということは太牙と渡は・・・

「太牙くん」「渡くん」と呼び合う二人・・・
幼馴染なのに気持ち悪いと思うのは
私だけでしょうか?(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

KAIXAさんへ

真夜の姿には少なからず衝撃を受けました。

多分キバとサガは戦うでしょうが、二人が和解したら、
これは平成ライダー史上初では?

お金払ってネタバレされてるみたいですが。

>力を失われた感がよく表現されています。

過去編は浮世離れした印象がありましたが、現在の真夜はどこか儚げと、いうか哀れさがありますね。

>ということは大牙と渡は・・・

異父兄弟というわけですね。と、なると「キバ」はライダー版「ゴジラVSメカゴジラ」であり、「サンダvsガイラ」であり、「北斗の拳」というわけですね。

さて、31話のダブルイクサに続いて、今回は飛翔体が登場しましたね。デザインもかっこいいですし、また見たいですが、ククルカンとの対決はまるで大怪獣バトルでしたね。島本和彦先生と村枝賢一先生怒ってないといいですが・・・。

親方1966

1966.5.25生まれ 男

昭和アニソン専門夫婦ユニット
「夫婦の時間」(2013年5月結成)
アコギ&ボーカル担当

「アニメソングは世界を救う!」を理念に
昭和アニソンで世界平和を目指してます