スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーカブト 30話

先週の続きです。
何じゃこりゃ?という感じの話しですね(笑)

黒の料理人の生簀役の人、
どこかで見たな・・・と思っていたのですが、
「超星神グランセイザー」のインパクターロギアの
人だったんですね・・・
なるほど、なるほど。
仮面ライダーカブト VOL.1 仮面ライダーカブト VOL.1
特撮 (2006/08/04)
東映
この商品の詳細を見る
じいやの仇は俺が取る!
と誓う天道。
しかし生簀は不敵に笑う。

剣のことで悩む加賀美は、岬に相談しようとする。
そこへ馬車に乗った剣が登場。
岬をデートに誘おうとする。
岬を逃がした加賀美は剣に
「岬さんをどうするつもりだ」と
詰め寄るが、剣は
「ミサキーヌは俺が守る!」と宣言、
自分の過去を話す。
「サソリのワームは俺が倒す!」と剣。
(自分がワームと気づいてないのか)
加賀美の苦悩は深まるばかりだ。

生簀は次々と料理店を訪れ、料理人に勝負を挑む。
そして相手を完璧に叩きのめし、看板を奪っていく。
それを見た天道は、改めて生簀に勝負を挑む。

天道はじいやの紹介状を持って、
山奥の料理の修行場に行く。
そこにはじいやの双子の弟がいた。
その弟に
「雑巾を料理しろ」と言われる天道。

天ぷらやステーキ、うどんと雑巾を材料にして
料理するが、全て否定されてしまう。
悩んだ天道は何気に、腕の汚れを雑巾で拭いた。
天道の頭に何かが閃く。

天道は雑巾をそのまま渡し、
「雑巾は料理するものじゃない。
物の本質を見極めることが大事だ」
と老人に言う。

老人は天道を光の料理人と認め、幻の白包丁を渡す。

生簀とのみそ汁勝負に臨む天道。
あえて白包丁は使わず、田所の包丁を使う。
そして勝負は天道が勝った。
勝因は大根を風にさらし、絶妙な歯ごたえを生んだこと、
自然を味方にしたことだ。

敗れた生簀は正体を現す。
天道もカブトに変身。
ワームを倒すのだった。

別の場所でサソードと共にワームと戦うガタック。
途中サソードはワームに変身するが、
ガタックは戦えない。
そこにカブトが登場。
剣ワームを攻撃するが、ガタックが止めに入る。
「お前、本気か?」
カブトとガタックの拳が、
激しくぶつかる!
(脚本:井上敏樹 監督:石田秀範)

な、何でしょうか、この話しは?
またもやヒロインのひよりは出てこないし・・・
ハイパーカブト(?)の謎も全然進展してないし。
まさに出てきただけですね。
息抜きにはいいんですけど、何だかなーというのが
私の印象です。
悪くはないんですけどね・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

KAIXA

特撮エース休刊ですか・・・
私は特撮エースは読んでいなかったのですが、休刊ともなるとさびしいですね。
最後ぐらいは買おうかな・・・
宇宙船亡き後は、特ニューだけが最後の砦です。特ニューは続いて欲しいですね。

特撮エース休刊

カブトやボウケン、メビウスの情報が知りたくて、専門誌を購入、立ち読みでチェックしている私ですが、今日、そのうちの一冊、特撮エース(角川書店)が発売されました。今号は「特撮TOY特集」でフィギュアを中心に様々な数のおもちゃが紹介されています。しかし、その「特撮エース」も今号で休刊。事情がありますから仕方ないですが、まぁ、角川からは「特撮ニュータイプ」が出てますからそちらに集中するということなのでしょうけど残念ですね。それでは。

KAIXAさんへ

チーフの女装での
「アタック!アタック!」
は楽しかったですね。
チーフがお気に入りの
カミさんは巻き戻して見てました。

まあおもしろかったですけどね。

あそこまで徹底的にやられたら称賛ものですね。私的には田所氏が天道に包丁を託すところが良かったです。天道のカリスマ性と田所氏の男気を表す最高の場面ではないでしょうか。さて、敗れた生簀が腹いせにワームに変身した際、場面が突然スタジアムに変わりましたね。おそらく変身した直後に影山がゼクトルーパーを連れて乱入したので、天道、生簀共にクロックアップを使って脱出したのでしょうね。さて、話は「ボウケンジャー」に変わりますが、今回はさくらさんが主役で男装、ドレス、迷彩服、戦隊最後の戦隊レビューコーナーでは菜月ちゃんと婦警姿を披露し、さらに「逮捕しちゃうぞ」の台詞にやられてしまいました。余談ですけどオープニングのチーフ、真墨、蒼太の女装は夢に出そうで、ちょっと怖かったです(笑)。さて、来週は今回出番がなかったひよりちゃんがメインなのでとても楽しみです。それにしても、天道はあの若さで容姿端麗、文武両道(デカレンのバンか!)スポーツ万能、料理上手と、常人離れしてますよね。私が思うに、天道は各分野の天才の遺伝子を組み込まれた改造人間ならぬ人造人間ではないかと、思うのですが。
プロフィール

親方1966

Author:親方1966
1966.5.25生まれ


影山ヒロノブ
遠藤正明LOVE

アニソン好きをこじらせて
「親方1966」
(アニソン弾き語り)

「夫婦の時間」
(アコギ&カホンの
アニソンユニット)

いろいろやっております

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。