スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEO #13「惑星崩壊」

強大なアーマードメフィラスを、何とか倒したレイ。
レイはレイブラッドの後継者として指名を受けるが、
戦いの先の虚無を知るレイは、それを断る。

レイブラッド星人はアーマードダークネスと一体化。
レイに襲い掛かる。

正気を取り戻したメフィラスは、
亜空間に閉じ込められているペンドラゴンを救出。
レイへの借りを返す。

ゴモラを圧倒するアーマードダークネス。
そこにグランデが登場。
レッドキングを出現させ、ゴモラとともに
アーマードダークネスに立ち向かう。

ついに最後の決戦が始まった・・・!

(今回のお話の監督&脚本は明記されていないので、省略しました)

大怪獣バトルNEOも最終回です。
円谷の苦しい台所事情を、設定のうまさでカバーし、
登場怪獣の豪華さや意外&夢の対決の連続で、
ファンを楽しませてくれました。

最後にウルトラマンとウルトラセブンも登場、
ミクラスもセブンに返却されました。
・・・大団円です!

ただ怪獣の醍醐味は「街を破壊する」ということもあります。
NEOでは設定のうまさでそれを回避しましたが、
もし次回作があるのなら、
ぜひ街中で大暴れして欲しいです。

ビルを破壊しながらの大怪獣バトル!
劇場で見たらすごいことになるだろうな・・・

スタッフのみなさん、キャストのみなさん、お疲れ様でした。
そしてありがとうございました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

KAIXAさんへ

ウルトラマンと舞台って、
最初結びつきませんでしたが、評判を聞く限りいい感じのようですね。

個人的には生平田さんが・・・(笑)

こんばんは。今日、中日劇場に「ウルトラマンプレミアムステージ3」を観劇してきました。今年も二部構成でしたが、去年の一部は歌と抽選会だったのが、今年は「大怪獣バトルNEO」のダイジェスト上映会&抽選会という、ここにも不況の影響が顔を覗かせていました。まあ、楽しかったですけどね。それにしてもお姉さんと共に抽選会に出ていたレイ役の南さん、司会が板についてましたね。ちなみ抽選会かすりもしませんでした。休憩を挟んで、第二部のお芝居は見応えありましたね。黒部さん、森次さん、真夏さんはシリアスなのはもちろんコミカルさも見せてくれたり、吉岡さんはバック転を披露するなど、アクロバッティックな面を見せたり、南さんも若さみなぎる熱演でしたし、平田さんは白衣姿が魅力的でした。ウルトラマンと怪獣、侵略者たちとのバトルも、ちょっとネタばれしますと、ウルトラマンとティガの昭和と平成の初代ウルトラマンのタッグとバルタン星人の対決をはじめとするファンのツボを押さえた組み合わせがたまりませんでしたね。ぜひ来年もやってほしいですし、そのときはダンディー4揃い踏みが見たいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

KAIXAさんへ

いやー、私は未だにダイナの最終回
納得していないんですよねー。

だからティガの光を再び手にしたダイゴが、
ダイナを救出する「ティガ&ダイナ2」を
作って欲しいんですがね・・・

>平成ウルトラの扱いはどうなってますかね? 問題無いと思います。それならファーストステージでのゴルザとガンQはどう説明するんだと、いう話になりますから。たしかブルトンが惑星ボリスに呼び寄せたのですからね。平成ウルトラで思い出したのですが、昨年秋売りの「特撮ニュータイプ」のインタビューでつるの剛士さんがダイナ2でご子息を新ダイナにするという計画で、「アスカが何事もなかったように『ダイナー』と、やったら、怒られるでしょうから、アスカと光の女王との間に出来た子をダイナにしようと(脚本の)長谷川さんに提案しました」と、コメントしてましたが、そうなったら「待っているリョウはどうなるんだ!」と、BBS炎上すると思うのですが…。

KAIXAさんへ

大怪獣バトルNEO、本当におもしろかったですね。

そういえばこの世界での
平成ウルトラの扱いはどうなってますかね?
NEOは「ウルトラマン」からの直結世界だと思うので、
ティガ等はなかったことになってますよね?

それともこの前の「超ウルトラ8兄弟」で
つなげたのかな?

BⅠ砲はやっぱりゴジラ&ガメラでしょう

前回の大迫力バトルに続いて、今回はEXゴモラ&EXレッドキングという、怪獣版、ハンセン、ブロディ組、小橋、健介組、OH砲というタッグや、ウルトラマン、ウルトラセブン揃い踏みと、これ以上ない豪華でしたね。もしサードステージof劇場版があるなら、舞台は地球になるのでしょうかね?怪獣は絶滅していたのでは無く、ティガ、ダイナ、ガイア、アグルに封印された。しかし、大地震&津波で封印が解かれて、EXジェロニモンが復活して怪獣を甦らせたという設定で。そして、レイとZAPクルーは世界中を巡って、EXジェロニモンが放つ刺客怪獣、超獣、円盤生物と戦い、石像となって海底に沈んだティガたちを甦らせて、最終決戦はEXゴモラと、ティガ、ダイナ、ガイア、アグルが、EXジェロニモンと、それを守護するゴルザ、ガダノゾーア、ネオガイガレード、ゾグ、というクライマックスなんてどうでしょう?まあ、妄想はこのくらいにして、ホントに最高の最終回でした。私的には「ティガ」の最終回と同じくらいすばらしかったです。出演者、スタッフのみなさんありがとうございました。

しんさと千鶴さんへ

大怪獣バトルは怪獣同士のバトルがメインなので、
ZAPの戦闘機の活躍の場が少なかったですよね。
元々ZAPは対怪獣部隊でもないですからね。

ティガの撃墜コンビって・・・懐かしい!!
東海地方では裏番組に
「勇者王ガオガイガー」が放送されていたのですが、
私は「ウルトラマンティガ」を見ていました。

当時家にはビデオデッキ2台あって、
同時に録画できたのですが、
そのときは自分に知識が無くて、
ティガを優先(というよりガオガイガー捨てて)していましたね。

今となってはいい思い出です。
ティガもすっげーおもしろかったし!!

大怪獣バトルの特徴の一つは 撃墜されないこと
街を破壊する怪獣もそうですが、 簡単に機体放棄するのも特徴
毎回、不時着して、一回もなかった(設定上、できないともいう)
本来の姿ともいえますが……

第一シリーズで 榛名の兄(影丸さん)がスピーダーで出たとき 思った
特に 『伝説のパイロット』 と称されたというあたりが……
つい ティガの撃墜コンビを思い出してしまってv-16
何話だったか、シンジョウさんがダイゴと一緒に
「(機体を)修理してから帰って来い」と言われていたような……


レイとダイルの「重さ」、グランデの「軽さ」が最後まで引っ張ってくれました
プロフィール

親方1966

Author:親方1966
1966.5.25生まれ


影山ヒロノブ
遠藤正明LOVE

アニソン好きをこじらせて
「親方1966」
(アニソン弾き語り)

「夫婦の時間」
(アコギ&カホンの
アニソンユニット)

いろいろやっております

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。