スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侍戦隊シンケンジャー 第七幕「舵木一本釣」

うわ!久しぶり!!
久しぶりの特撮レビューです。
いやー忘れていたわけではないですが、
諸般の事情により遅れています・・・

[侍戦隊シンケンジャー] キャラクターシューズ[侍戦隊シンケンジャー] キャラクターシューズ
()
不明

商品詳細を見る
行方不明だった舵木折神が見つかった。
すぐにモジカラでディスクにつなげなければならない。
しかし街にアヤカシが出現。
そこで流ノ介が舵木折神捕獲に向かう。

アヤカシ・ヤミオロロに応戦する4人だが、
ヤミオロロの毒攻撃により、
4人に危機が迫る。

舵木折神を発見する流ノ介。
モヂカラで釣竿を出し舵木を釣ろうとするが、
モヂカラを使い果たし倒れてしまう。

流ノ介を助けたのは、
朔太郎という、モヂカラを知る男だった。
知り合いが先代の殿と共に戦っていたらしい。

丈瑠たちの命を救うには、
舵木折神の海の浄化が必要。
捕獲を急ぐ流ノ介。

朔太郎は流ノ介に侍として戦う意味を問う。
朔太郎の言葉に心が揺れるが、
丈瑠の信頼に応えようと、
流ノ介から迷いが消える。
朔太郎も流ノ介に協力。
ついに二人は舵木折神を捕獲する。

毒に冒された体で戦う丈瑠。
千明たち3人も戦う。
そこに流ノ介が合流。
舵木折神の力で毒を浄化し、
ヤミオロロを撃破!

ヤミオロロは巨大化。
シンケンオーが舵木折神と侍武装し、
カジキシンケンオーになる。
ヤミオロロを「舵木一刀両断」で倒した!

朔太郎は流ノ介との出会いにより
侍の心を取り戻した。
知り合いではなく、朔太郎が先代の殿とともに
戦っていたのだ。

志葉家に戻った朔太郎は、
侍たちの影の支えとなるのだった・・・
(脚本:小林靖子 監督:中澤祥次郎)


いつかやるだろうな、と思っていた黒子のお話。
朔太郎が戻ってきたことを、
流ノ介が知らないのも粋な展開ですね。

あ、でもカジキシンケンオーはあんまり・・・(苦笑)
やはり一番最初のデザインが
かっこいいと思いますが・・・
これからもいろいろと合体すると思いますけどね。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「シンケンジャー」ブログ集まれ!05/19~05/26

お邪魔します!シンケンジャーのネタバレ書いてます!よかったら遊びに来てね!

コメントの投稿

非公開コメント

KAIXAさんへ

彦馬さん主演回は、絶対ありますね!
得意の殺陣も見せて欲しいし、
コメディな演技も見たいですよね!!

見るたびに「あの黒子はいったい?」と、思ってましたが、ひとりひとりにこういうドラマがあるのですね。私的には彦馬が主役のエピソードが見たいです。若い奥さんがいるとか(長澤奈央さん希望)、シンケンブラックとかいうような。
プロフィール

親方1966

Author:親方1966
1966.5.25生まれ


影山ヒロノブ
遠藤正明LOVE

アニソン好きをこじらせて
「親方1966」
(アニソン弾き語り)

「夫婦の時間」
(アコギ&カホンの
アニソンユニット)

いろいろやっております

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。