スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーディケイド 第16話「警告:カブト暴走中」

今回はカブトの世界。
「仮面ライダーカブト」を最初見たときは、
そのビジュアルもかっこよかったし、
クロックアップでの戦闘シーン、
カブトの回し蹴りによるライダーキックと、
すごく魅了されました。

ディケイドではどうでしょうか?

平成仮面ライダー 10周年記念マスクピンバッジコレクション平成仮面ライダー 10周年記念マスクピンバッジコレクション
(2009/05/25)
大和玩具

商品詳細を見る
カブトの世界。
ここはゼクトという部隊が、
暗躍するワームと戦っている世界。

ここでは士はゼクトの隊員だった。

ゼクトのアラタから説明を受ける士たち。
そこに二人の士が。
夏海の笑いのツボで、本当の士が判明。
正体がばれたワームは、
通りかかった少女に襲い掛かる。
しかし赤い閃光が少女を守る。
その赤い閃光がカブトだった・・・

その少女はマユ。
おばあちゃんのおでん屋を手伝っていた。

カブトはクロックアップ機能が暴走し、
超スピードで今も移動している。
だから一般市民が不安になっているのだ。
そしてカブトはマユの兄を殺したのだった・・・

ゼクト本部では隊長のソウを中心に
カブト捕獲計画が進められていた。
ソウは過去にカブトに右目を切りつけられていた。

マユを狙うワーム。
士はディケイドに変身。
だがディケイドを敵視するソウとアラタが。
ソウはザビーに、アラタはガタックに変身。
そこにクロックアップシステムを狙って大樹が。
ディケイドvsザビー、ディエンドvsガタックの戦いが!

ディケイドは555アクセルフォームで
ザビーのクロックアップに対抗。
超スピードの戦いの中、マユに危機が!
しかし突如現れたカブトがマユを救う。

姿を見せたカブトに向けられたマユの目は
憎悪に満ちていた。

カブトの一撃を喰らって変身を解くザビー。
ソウの姿を見たマユは・・・
「お兄ちゃん?」
(脚本:古怒田健志 監督:田村直己)


うーん、やはりカブトはかっこいい!
歴代ライダーの中でも屈指のかっこよさです。
またクロックアップ世界での戦闘も、
これまたかっこいい!!
ザビーのクロックアップに、
555アクセルフォームで応戦するディケイドも、
「夢の対決」みたいでよかったです!!

ついに「おばあちゃん」も登場し、
カブト世界の補完はかなり進んだ感じですね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

KAIXAさんへ

今日、カミさんがカブトのOPをカラオケで歌い、
画面にカブトの戦闘シーンが登場しましたが、
やっぱりカブトはかっこいいです・・・
惚れ直しました・・・
最初私が「これは!!」と想い、
DVDを買い出したのもわかっていただけるかと。

「あのアホどもが」は私も爆笑しました。

「カブト」は私もハマりましたね。ライダーやワームのデザインもビジュアル的に素晴らしいですし、クロックアップという演出もそれらの魅力を引き出していて、仮面ライダーのカッコ良さにこだわった作品ではないでしょうか。話を本編に、佐々木すみ江さん演ずるおばあちゃんも語録がハマってましたし、マユ役の菅野莉央さんも黒髪のショートボブに黒目がちの瞳に色白の肌がたまりませんでした。それとアクセルフォームVSザビーも迫力かつスピーディーで興奮しましたが、私の一番のツボはディケイドの「あのアホども…」でした。早くDVDで見たいです。
プロフィール

親方1966

Author:親方1966
1966.5.25生まれ


影山ヒロノブ
遠藤正明LOVE

アニソン好きをこじらせて
「親方1966」
(アニソン弾き語り)

「夫婦の時間」
(アコギ&カホンの
アニソンユニット)

いろいろやっております

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。