スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DT-10購入

アコギでのチューニングは
普段クリップチューナー使ってます。

他の方法もあるのだけど、
一番手軽なんでね
それに俺、まだ他の方法できないし

暗いところでも使用できるように
カラー表示されるクリップチューナーも
一つ持っています。

が、この前の犬山のライブで
そのチューナー持っていくの忘れてね
チューニングするのに少しだけ苦労しました。

持って行った奴、精度がイマイチだし・・・

と、いうことで思い切って
フロアタイプのチューナーも買ったのだ

20131223200427.jpg
KORG のDT-10

影ちゃんもライブで使っていたので、
同じ奴にしました
クララちゃんのエンドピンを
調整してもらいに行ったときに
ついでに購入。

電池で動くけど、
念のためにACアダプターも購入。
20131228183611.jpg
こちらは尼でポチっと

フロアタイプのチューナーって
そうそう使わないと思うけど、
そこはね、影山グッズの一つとして

あ、でもDT-10、
トゥルーバイパスじゃないんだって
そこだけがショック・・・

今はDT-10とアダプターを入れる
可愛い巾着袋が欲しいのだ

ギター教室終了

12月21日(土)

この日でギター教室は終了。

数ヶ月前に先生の都合で辞めることは聞いていて。
ヤマハに次の先生のことを問い合わせたり
教室側もいろいろ手を尽くしてくれたけど、
後任は現れずでね

俺自身はあまりに仕事が多忙だったので、
初級クラスが終わったら
教室も辞めようと思っていたけど

もう少し習いたいな・・・
もう1年中級クラスを習いたい!
と考え直した矢先の出来事。

ショックだったけど、
考えてみれば仕事で
全然宿題の練習も出来なかったし、
ここらでいい潮時かもね・・・

生徒でいる間はテキストも買えるので、
上級クラスのテキストを購入。
20131221151835.jpg
少しずつ練習していこうかと
中級クラスのテキストはもう買ってあるよ

最後の日、
Cole Clark FL3のクララちゃんを持参。
実はクララちゃんを入手できたのは
先生のおかげなのだ!
20131217193515.jpg

先生も
「良かった、最後にお役に立てた。
ずっとFL3欲しいって言ってたもんね!」と
喜んでくれたよ

この日は実習よりも質問を受け付けるとのことなので、
ギターの保管方法や3フィンガー、
ピックを使ったアルペジオのことを質問。

「ギターは消耗品なので、あまり気にしないように」
との言葉に納得です。

去年の9月に初めてギター買って、
教室に通って
ギターの持ち方から教えてもらって・・・
俺自身も1回も休まずに通って・・・

本当に先生には感謝しています。
先生がいなければ、
ここまでギター続けられなかったと思います。

ありがとうございました!!!!!

ただ実践ばかりだったので、
理論的なことはほとんどまだ理解していない
それはこれからの俺の課題です。
うん、頑張るよ!

Cole Clark FL3AC

ついに買ってしまいました!
Cole ClarkのFL3!!

20131217204442.jpg

Cole Clarkには3つのグレードがあってね。
FL1からFL3まで存在していて。
名古屋ではFL1とFL2が島村楽器に行けば会えます。
ちなみにFLとは「FAT LADY」の略だって

FL1は入手できるチャンスがいくつかあったけど、
俺が欲しいのはFL3!

何故なら影山ヒロノブさんが
FL3を使っているからなのだ!
20130908211401.jpg
これは影ちゃんのFL3。

Cole Clarkは
生音はマーティンやギブソンの
高級ギターには負けるけど、
ラインを通した音がすんごく良くてね。
ギター教室の先生も絶賛したほど!
(先生は生音も絶賛していたけど)

でもFL3は定価が60万円ほどしてね

あきらめきれずに
あきらめきれずにいたら、
今回いろんな縁に恵まれて、
ついに俺もオーナーになることが出来たのだ!

試奏してみたら、少し弦高が高いので(3mmあった)
弦高調整を依頼(2.5mmにして欲しいと依頼)。
最初店側は工房に出すので有料になると言っていた。
それでも俺はプロにやってもらいたかったので
依頼しておいた。

すると後日、
ネックの調整などで弦高が下がったとの連絡が。
取りに行ってみると、確かに2.5mm近くまで下がっている
弾いてみると良好!
しかも無料で良いとのことなので、
喜んで引き取ったのだ!!

平日はギターを思い切り弾く時間が取れないので、
週末に個人練習で取っておいたスタジオに持参。
江梨子さん(フェンダーGA-45SCE)と弾き比べてみた。
20131221185456.jpg

江梨子さん、
生音は気に入っているけど
ラインを通すと何だかイマイチ
これはエレアコの永遠の課題らしいけど、
FL3をライン通して弾いてみたら、
もうビックリ!!

ああ、アコギの音がそのままアンプから出ている!!

このスタジオはギターアンプが二つあって、
音が気に入らない方を使ったけど、
それでもとっても良い音。
感動しました

生音も太い音が出ます。
ちなみにトップはブンヤという
オーストラリア特有の木で、
サイドとバックはローズウッドとのこと(楽器屋の説明による)

20131221164507.jpg
こちらは俺のFL3ね。
命名「クララ」ちゃん
ま、究極の影山グッズですよ

早くこのギターを弾きこなせる
実力をつけたいです!

試奏ツアー大阪編

12月15日(日)

朝にホテルの大浴場に入る。
やっぱり大きな湯船は気持ち良いね

朝食バイキングを食べた後、
いよいよアコギ試奏ツアー大阪編スタート!!

大阪の場合は心斎橋と梅田に
楽器店がたくさんあるらしいが、
今回は梅田を周ってみた。

何故ならCole ClarkのFL3が梅田にしかないから!

ということで早速梅田の三木楽器に行ってみる。

20131215112551.jpg

アコギは3Fと4Fにある。
行ってみると、あった!あった!ありました!
Cole ClarkがFL1からFL3まで!
ついでにANGELまで置いてあったよ!!

勇気を振り絞って、お目当てのFL3を試奏してみる。
さすがに高級ギターなので、
店員が「ジャラジャラを取れ」とうるさかったけど、
素直に従う。それはマナーだからね。

試奏のときはいつもリングは取るのだけど、
今回は腰周りのものも取れと言われたよ

で、試奏。
うーーーーーん、弾きやすい・・・
さすがはFL3・・・
音も良い

この三木楽器にはアコースティックギターマガジンの
バックナンバーがあったので、
ネットでは売り切れになっている号を購入。
これはちょっと嬉しかったな

そのあとは石橋楽器へ。
石橋楽器は名古屋店で会員になっている。
ちなみに40歳以上だとポイントが倍になるのだ!
でもそのサービスは年内で終了
せっかくなので小物を購入。
ここには試奏したくなるギターはなかった。
でも赤のハミングバードは置いてありました

そして島村楽器へ。
マイミクさんが所有している
シーガルのギターがあって気になったけど、
店員が寄ってきたので弾かなかった。

ここにはイベントスペースがあって、
店員さんがベースと電子ドラムで「BURN」を
演奏していたよ。
何かのリハだった模様。
でも上手でした

梅田には古書街があって、
楽譜専門店があったので入ってみた。
そこでアコギのミニチュアを購入。1200円。
20131215194602.jpg

名古屋にはなかなかない大阪王将。
ここで・・・
20131215145234.jpg20131215145118.jpg
餃子と鳥テリヤキ焼き飯を食べる。
どちらも美味!
餃子は油っぽくなくて美味いのだ!

梅田と言えばまんだらけにも行ったよ。
ここは1000円以上購入すれば
ステージでカラオケが歌えるので(アニソン限定)
期待して行ったのだが
めぼしいものはなかった
過去に一度歌ったことあるけどね

それから三木楽器のドラムセンターにも行ってみる。
そこにはドラム用のクリップチューナーが置いてあって
すごくビックリしたよ!

かなり歩き回ったので帰宅することに。
最近は新大阪で551の豚まんとシュウマイを
買って帰るのが恒例。
20131215194446.jpg
クリスマスバージョンでした

さて、今回の旅とても楽しかったです。
次大阪に行ったときは
心斎橋の楽器屋を周る予定なのだ
心斎橋にはまんだらけもあるし!

ピックアップを買ってみた

現在の所有ギターは5本。

20130904014306.jpg

内エレアコが2本で、3本は普通のアコギ。

そのアコギ用にピックアップを買ってみた。
20131124021154_20131205213318eff.jpg

MSPとはマグネットサンドウィッチピックアップの略。

楽器のボディをマグネットではさんで、
振動を拾い音を出すとのこと。
マイミクさんが教えてくれて、
U-reeさんでのライブでも使ったので、
気になっていたのです

アコギだけでなくカホンにも使えるしね

早速スタジオで使用してみた。

20131124021427_20131205213320d06.jpg
コードのついた黒い丸がピックアップ。
モデルははるちゃん

弾いた感想は
「おお!」って感じ。
とても自然な音で音量も充分にある。
電池もいらないし便利。

取り付ける位置で音も変化するので、
今後いろいろ試すことができそうです。
写真の位置より、もう少しブリッジ寄りにした方が
ベストな気がします。

我が家にはアンプがないので
試すのはスタジオに限られるけど、
練習の楽しみがまた増えたのだ
プロフィール

親方1966

Author:親方1966
1966.5.25生まれ


影山ヒロノブ
遠藤正明LOVE

アニソン好きをこじらせて
「親方1966」
(アニソン弾き語り)

「夫婦の時間」
(アコギ&カホンの
アニソンユニット)

いろいろやっております

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。